シリコンの正しい知識

シリコン」「ノンシリコン」正しい知識知っていますか!?

薬局などで、「シリコンシャンプー」や「ノンシリコンシャンプー」を目👀にする機会が多いと思います。

ノンシリコンは、髪にいいものってよく聞くけど・・・どうなの?

まずは携帯で検索しますよね。

でも、書いてあることはバラバラ・・・

例えば・・・

シリコンはよくない!

ノンシリコンはきしむ!

・いや、ノンシリコンがいい!

シリコンもあった方がいい!

などなど・・・

結局、「シリコン」「ノンシリコン」どっちがいいの?

そこにたどり着くと思います。

そこで、今回のテーマであるシリコンについて、解説していきますね。※アジュバンヒポクラテスより

 

☆そもそも「シリコン」って何?☆

「シリコーン」とも呼ばれ、すぐれた柔軟性を持ち、光や熱に強い素材です。

柔軟剤やコンタクトレンズ、調理器具など、私たちの生活に欠かせない日用品の材料として用いられています。

 

シリコンの役割☆

シャンプーやトリートメントなどのヘアケア商品に含まれるシリコン

主に髪への「コンディショニング成分」として配合されており、髪表面をコーティング(被膜)する働きを持っています。

市販のシャンプーは、洗浄力が強いものが多いと言われています。

そのため、キシキシとしてした手触りになるのを防ぐために、髪表面をコーティングする働きを持つ

シリコンが多く配合されている傾向があります。

※数年前に多用されていたシリコン→髪への付着性が非常に高い

※現在よく使われているシリコン→水溶性で、1度の洗髪で洗い流すことができる

 

シリコンの髪へのメリット☆

・摩擦を防ぐ

髪表面をコーティングすることで、ダメージの大きな原因になる「摩擦を防ぐ」ことができます。

・手触りがよくなる

髪表面に付着することで、手触りが良くなります。

また、サラサラ感やまとまりにつながります。

 

シリコンの髪へのデメリット☆

・有用成分の浸透に影響

シリコンの種類によっては、トリートメントなどに含まれる髪への有用成分の浸透を阻害(浸透を邪魔)するものがあります。

・ベタツキにつながることも

髪表面に付着しすぎると、ベタツキの原因となり、手触りが悪くなることがあります。

・ボリュームダウンの原因に

髪表面に付着しすぎると、髪の重さに繋がりやすく、根元がペタっとしたり、髪全体のボリュームダウンの原因になります。

 

☆自分の髪にあった処方のヘアケアを選びましょう☆

美しい髪を目指すために欠かせないのが、今の自分の髪の状態にあったヘアケア製品を毎日のケアに取り入れること。

シャンプーやトリートメントに含まれる「成分の配合バランス」をしっかり確認して、

必要なものを選んでいくことが大切です。

サロンでのプロによるカウンセリングやアドバイスをもとに、最適なケア用品を見つけ出しましょう。

気になるところ商品の事なども、お気軽にスタッフに相談してみて下さいね(*^-^*)

関連記事

  1. 年末にかけて

  2. よく聞かれる質問

  3. ヘアドネーション 髪のお預かりの長さが変更いたしました。

  4. それは節約じゃないよ~

  5. 【シャンプーバー】作ってます。

  6. 昔も流行ったアレです・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/hairamoa/amoa-hair.com/public_html/wp-content/themes/skin_tcd046/comments.php on line 158